任意整理のデメリットを短くわかりやすくまとめたサイト

任意整理 デメリット

任意整理のデメリットを短くわかりやすく書いています。任意整理のデメリットがイマイチわからず、債務整理に踏み切れない方必見!任意整理のデメリットを理解してもらうことで、あなたに合った選択ができると考えています。

任意整理とは

債務整理 任意整理 説明
任意整理とは債務者(借主)のこれから返済する借金の利息のカット長期での分割払いを債権者(貸主)に認めてもらうことで、月々の返済額を減らし借金完済をめざすための債務整理手続きです。
任意整理をすると借金の残っている元金のみを36回から60回払いで返済していくことになり、計画的に返済を進めることができるのです。

任意整理を利用するにあたって3つの条件があります。

  • 一定の収入があること
  • 3年から5年の長期分割払いができること
  • 完済の意思があること

これらの条件を満たすことで任意整理を利用して借金の完済をめざすことができます。

任意整理を利用する人は年間100万人前後とも言われており、その多くの方が任意整理で借金を完済することに成功しています。これだけ多くの方が任意整理を利用しているので、任意整理を考えているあなたもきっと安心して利用できますよ。

任意整理の流れ

債務整理 任意整理 
  1. 依頼する弁護士、司法書士に電話で予約を入れて、後日面談を行います。
  2. 面談をして任意整理を依頼することが決まれば、依頼人と専門家とのあいだで委任契約を結びます。専門家が依頼を引き受けることを受任と言い、受任したその日に専門家は各債権者に受任通知を送付します。
  3. 委任契約から2週間から4週間後、専門家が依頼人の借入状況と収支をもとに無理のない返済計画を立てます。
  4. 和解案に沿って専門家が債権者と和解交渉をし、和解が成立したあと依頼人が返済をしていくことで任意整理が終わります。

このように、任意整理は非常にかんたんな手続きとなっています。多くの方が任意整理をしているのも納得がいきますね。

任意整理のデメリット

任意整理 デメリット
任意整理のデメリットは2つしかありません!

  1. 【個人信用情報機関に異動情報が記載される(ブラックリスト入り)】
  2. ブラックリスト入りすると審査が通りにくくなってしまうため、具体的に次のようなことが起こり得ます。

    • 貸金業者から借金ができなくなる
    • 住宅ローン、自動車ローン、銀行ローンを組めなくなる
    • クレジットカードが作れなくなる
    • すでに持っているクレジットカードが使えなくなる
    • スマホの分割購入ができなくなる

    ローン購入やクレジットカードの利用も、借金と同じものだと考えれば仕方のないことでしょう。「返せない人には貸せない」ということですね。

    このブラックリストの登録は、借金完済から5年で削除されます。つまり任意整理をしたときから8年から10年経てば、またクレジットカードを作れたり、自動車ローンや住宅ローンを組むことができるのです。

  3. 【弁護士、司法書士に任意整理を依頼するための費用がかかる】
  4. 債務者本人だけでも任意整理手続きはできますが失敗するリスクがあるため、多くの方が弁護士、司法書士などの専門家に依頼しています。そして専門家に依頼するのには当然費用がかかってしまうのです。任意整理費用の弁護士の相場は債権者1社あたり4万円から6万円、司法書士の相場は債権者1社あたり2万円から4万円程度となっています。

    お金に困っている多くの方がなぜ任意整理を専門家に依頼できるのでしょうか。受任通知が債権者に送付されると依頼人は一時的に借金の返済をする必要がなくなります。返済を再開するまで通常3ヶ月から6ヶ月程度あるため、この間の返済に充てる分のお金を弁護士、司法書士に支払っているからなのです。

任意整理のメリット

任意整理 メリット
任意整理最大のメリットはデメリットが少なくメリットが多いことです。メリットには次のようなものがあります。

  • 月々の返済額が今よりも減るため、借金による負担が軽減する
  • 受任通知が債権者に送られると支払いを一時中断でき、債権者からの督促や催促も止まる
  • 裁判所を通さずに手続きを進めていくことができる
  • 任意整理する債権者を選ぶことができるため、住宅や自動車などの不動産、残しておきたいクレジットカードを任意整理の対象から外して残すことができる。
  • 債務整理手続きを家族や勤務先に知られるリスクが極めて低い

個人再生や自己破産など他の債務整理では借金の元金を減らしたりあるいは失くすことを目的としているため、返済額が大幅に減る分デメリットも多くあります。しかし任意整理は元金の返済を目的としているため、デメリットが少なくメリットが多いのです。

任意整理に失敗したときの対処法

任意整理 失敗 対処
任意整理の失敗2種類とそれぞれの対処法をおさえておきましょう。

依頼した弁護士や司法書士に辞任されてしまった場合には、他の事務所を探して任意整理の再和解を依頼してみましょう。ただし、まずはそうならないためにも信頼できる弁護士、司法書士事務所を見つけられるとよいでしょう。

和解後の返済ができなくなってしまった場合には債権者から一括請求がくることも考えられます。そうなると任意整理では解決できなくなるので、個人再生や自己破産といった別の債務整理をすることになります。返済できなくなるのがわかった時点ですぐに依頼した専門家に相談しましょう。

まとめ

任意整理 まとめ
借金をなくすことができれば、今ある心の中の不安や心配がなくなるのではないでしょうか。任意整理をすることで催促や督促に頭を悩ませることなく、安心して借金の完済を目指すことができます。
任意整理のメリットとデメリットを見比べて、あなたに合った手続きかどうかしっかりと考えて、借金の問題と向き合ってみてください。